2012.02.01総合案内

総合情報学部の「可視化・情報通信技術」を出展

2月6日,7日の2日間,イノベーションを興す「可視化・情報通信技術」をテーマとした,大阪オープン・イノベーション・マッチング会,セミナー,展示会において,総合情報学部デジタルゲーム学科の上善研究室,門林研究室の研究成果を出展します。

 

上善研究室,門林研究室の研究成果の展示は,次のとおりです。

 

出展テーマ: マルチタッチテーブルを使ったゲームとアート作品

出展内容: 自作のマルチタッチテーブルとTUIOプラットフォームにより,複数のユーザがテーブルを囲んで遊ぶ ゲームと対話的アート作品を作成。マルチタッチを楽しむ作品として,皆で奏でる「遊べる楽器」,指で創る「サンドアート」,楽しむアート 「Shootingフラワー」を展示します。

今回のテーマの「可視化・情報通信技術」は,環境保全,エネルギーの有効活用など,社会や生活に密着した分野,も のづくり,デザイン,建築,広告,印刷,医療等々さまざまな産業分野で,文字や数値情報だけでは“理解”や“きづき”が困難な情報を「見える化」し,イノ ベーションを興すためのプラットフォーム技術と言われています。

 

【主  催】 大阪市・大阪商工会議所・財団法人大阪科学技術センター

【開催日時】 2月6日(月)13:30〜2月7日(火)17:00まで(2日間)

【開催場所】 大阪科学技術センター

       8階大ホール・中小ホール・7階700号室

       (大阪市西区靱本町1丁目8番4号)

一覧へ戻る

ページの先頭へ