2014.07.15総合案内

本学で展示保存している電子計算機を製作した、株式会社光電製作所の伊藤会長が来学しました

7月14日、株式会社 光電製作所の伊藤良昌会長、根本逸朗理事が来学され、本学で展示保存している電子計算機『OTSUDAC-1』を見学されました。

この電子計算機は、昭和38年頃に株式会社 光電製作所で制作されたもので、コンピュータがまだ普及していない時代の中、パラメトロン素子を用いた初期の計算機として、大変貴重なものといわれています。

本学では、他大学に先がけてこの計算機を導入し教育研究を行っており、当時の業績を記念し昭和51年より本学寝屋川キャンパスM号館2階にて保存をおこなってまいりました。

現在、実機は日本でほとんど現存されていないということで、来学された会長らは、当時の最新技術の結晶である機械を大変熱心にご覧になっておられました。

 

一覧へ戻る

ページの先頭へ