2015.03.21総合案内

メカトロニクス基礎研究所主催 特別講演「エンジン技術の動向 トライボロジーと燃焼」を開催しました

3月20日(金)寝屋川キャンパスにて、「エンジン技術の動向 トライボロジーと燃焼」をテーマとした特別講演会を、メカトロニクス基礎研究所主催で開催しました。

 

自動車の動力源などとして、これまで進化し続けているエンジンですが、近年高効率化が大きな課題となっています。

 

エンジンは、“トライボロジー(摩擦・摩耗・潤滑)”に関する技術と“燃焼”に関する技術によって支えられています。これらの技術の基礎となる研究について、エンジン研究の分野でご活躍されている先生方をお迎えし、ご講演いただきました。

 

講演会で実施したプログラムは以下の通りです。

 

◆プログラム

14:00〜14:05 開会の挨拶

  メカトロニクス基礎研究所所長  石井 徳章 

14:05〜15:20 講演1

 「エンジンのトライボロジー(摩擦・摩耗・潤滑)の基礎とその研究について」

 三原 雄司 氏   東京都市大学  工学部  機械工学科 教授

15:20〜15:30 (休憩)

15:30〜16:45 講演2

 「エンジン技術の動向と関連する燃焼研究」

  塩路 昌宏 氏  京都大学大学院 エネルギー科学研究科教授

 

講演会には、本学学生のほか、近隣の大学、高等学校、企業など、自動車に関心を持たれた約60名の方々が参加し、先生方のお話に熱心に耳を傾けていました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求