2015.06.05総合案内

酒類試験製造免許(清酒・ビール・果実酒・甘味果実酒)を取得しました

6月1日(月)、枚方税務署長より酒類試験製造免許の認可通知があり、清酒、ビール、果実酒、甘味果実酒の4種類が本学で試験製造できることになりました。工学部環境科学科では、酵母を用いた発酵研究を行っており、食品からアルコール発酵可能な「酵母」を探索しています。今後、最適な「酵母」を発酵させ清酒・ビールを製造することで酒類の発酵に必要な技術を学んでいきます。また、環境科学科の学生を中心としたアクティブ・ラーニングの場「ベリー・ベリープロジェクト」においても、果実酒や甘味果実酒を製造し、機能性食品としての可能性を研究していきます。

 

「ベリー・ベリープロジェクト」とは、環境科学科 齊藤研究室の学生を中心にブドウ、ラズベリー、ストロベリーを育てる段階から、その後育った実をジュースやお酒にして商品化するまでの取り組みと、それらの実が含む“機能性ポリフェノール”の機能性や、予防医学への応用、そして健康食品への活用などを研究していく取り組みです。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求