2015.09.14総合案内

本学の橘学長が応用物理学会の功労会員に推戴されました

このたび、公益社団法人応用物理学会から橘邦英学長が2015年度の「功労会員」に推戴され、昨日(9月13日)から開催されている応用物理学会秋季学術講演会において功労会員証を贈呈されました。

 

功労会員は、「応用物理学の発展に大きく寄与し、かつ本会に対し功績のあった者で、理事会において推薦された者」という規定で、70歳(古希)に達した会員の中から選ばれます。橘学長の功績は、専門分野での学術発展への貢献に加えて、当該学会の理事として教育公益事業の推進に貢献したこと、プラズマエレクトロニクス分科会の初代幹事長として分科会の体制を構築したこと、ならびに関西支部の支部長を歴任されたことによるものです。

 

本学では、これまでに菅田榮治元学長、福田國彌元学長・理事長が功労会員に選ばれています。なお,南茂夫元学長は会長を歴任されたので、名誉会員になっておられます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求