2015.10.26プレスリリース

OECU 杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2015を開催します

11 月1 日(日)ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会(委員長:本学総合情報学部情報学科 升谷保博教授)は、大阪電気通信大学 駅前キャンパスにて「OECU 杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2015」を開催します。


本コンテストの基となっている「レスキューロボットコンテスト」は、2000 年から毎年開催されており、ロボット競技を通じて、モノづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供しています。本コンテストもこの考えを継承し、さらに多くの皆さんに輪を広げるため、開催しています。


ヒト型レスキューロボットコンテストは、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマとしたロボットコンテストです。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要求者搬送」の4 つのタスクを順に実行し、成功したタスクの数や、かかった時間の短さを競います。また、各タスクに対する審査員による評価も重視されます。
 

一覧へ戻る

ページの先頭へ