2016.12.26総合案内

4月に入学される生徒の方々を対象に特別入学前教育を実施しました

12月22日(木)、本学へ入学予定の大阪電気通信大学高等学校102人の生徒の方々を対象に、特別入学前教育を実施しました。これは入学までの準備期間を有意義に過ごし、大学生活をスムーズに始めていただくことを目的として行われるものです。

 

まず大石利光学長が挨拶を行い、目の前のことを一生懸命やることや、たくさんの友達を作ることなど、より充実した大学生活を送るためのアドバイスを送りました。

 

続いて午前と午後にわけて90分間の講義を行いました。

第1講義は森幸治副学長が講師を務め、「楽しく充実した大学生活を過ごすために」というテーマで、大学は社会に出るための勉強の場であることを踏まえた上で、OECU My Drillを活用した入学前の学習や、入学してからの勉強方法、クラブ、資格取得などについて話しました。後半には大阪電気通信大学高等学校の卒業生である本学在学生5人も登場し、自分たちの勉強方法や学生生活について紹介しました。

第2講義は教育開発推進センターの齊尾恭子特任准教授が「高校までの学びと大学からの学びのちがい」というテーマで、講義の内容を整理するための効果的なノートのとり方などを具体的に説明しました。

 

高校生の皆さんは、入学前の心構えや大学での勉強の仕方を知ることにより、不安が解消し、緊張がほぐれた様子でした。また昼食を食堂でとったり、先輩たちから直接話を聞くことで、キャンパスライフのイメージが膨らんだようで、期待に胸を弾ませていました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ