2016.05.09総合案内

アメフト部、寝屋川市駅で熊本地震募金活動

熊本地震の被災者を支援するため、体育会アメリカンフットボール部(堀川航希主将)の学生約15人が5月6日(金)、7日(土)の2日間、京阪寝屋川市駅周辺の3カ所で、募金活動を行いました。

 

学生たちはユニフォーム姿で「募金に協力をお願いします」と、日頃の練習で鍛えた声で協力を呼びかけていました。

 

堀川主将は「東日本大震災の時に、東北の学生たちが部活動ができなくて困っているという話を聞いた。スポーツをしている者として、何かできることはないかと考え、募金活動をすることにした」と話しており、連休明け5月9日(月)からの5日間、寝屋川キャンパスでもJ号館前で募金活動を行うことにしています。

一覧へ戻る

ページの先頭へ