2016.09.19総合案内

デジタルゲーム学科が「京都国際マンガ・アニメフェア2016」に出展しました

9月17日(土)、18日(日)、みやこめっせで開催された「京都国際マンガ・アニメフェア2016」に総合情報学部デジタルゲーム学科が出展しました。

 

「京都国際マンガ・アニメフェア2016」は西日本最大規模のマンガ・アニメ総合見本市で、デジタルゲーム学科の出展は今年で3年連続となります。

 

当日は、「電ch!(でんチャン)」による本格短編実写アクションSF映画『CYBERDIVE』の上映や、アニメやゲームの登場人物の決めポーズや映画のシーンを再現した動画を体験できる「CG合成体験イベント」、四條畷市との官学共同プロジェクト「室池いきもの王国」の公開など、多彩な展示を行いました。

 

また、今秋Android版が配信されるOSAKAを舞台としたゲームアプリ『コトノハノキセキ』の試遊も行われ、17日にはキャラクターボイスを担当した人気声優水瀬いのりさんがブースに訪れ、直筆サインをいただきました。

 

2日間を通じて多くの来場者の方々にお越しいただき、展示した作品を通じて本学の取り組みを知っていただくことができました。

 

また参加した学生にとっては、ブースでの説明や撮影、呼び込みはもちろん、前日までのセッティングや立て込みなどの準備も含めて、普段の授業や実習ではできない経験を重ねて、成長するきっかけになりました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ