2016.09.12イベント

「日本学術振興会炭素材料第117委員会 2016日仏セミナー」を開催しました

9月9日(金)、10日(土)の2日間、日本学術振興会炭素材料第117委員会主催、大阪電気通信大学および炭素材料学会共催、本学エレクトロニクス基礎研究所協賛の「2016日仏セミナー」を駅前キャンパスで開催しました。

 

9日(金)は、フランスより2件の招待講演と、日本より5件、計7件の依頼講演が行われ、また公募による一般講演の部では本学博士課程の学生も講演を行いました。セミナー後の意見交換会では、フランスからお招きした研究者の方々と日本の産学官の研究者を交えた活発な国際交流が行われ、その際、本学の成瀬理事長も挨拶を行いました。

 

10日(土)に行われた本セミナーの委員らとフランスの研究者の方々による懇話会の場では、エネルギー貯蔵を志向した炭素材料研究における日本とフランスの高いポテンシャルを確認し、今後の研究動向についての意見交換が行われました。

 

計51人が参加した本セミナーは、様々な炭素材料について活発な議論が交わされ、情報交換や討論、さらに国際交流の場として、非常に有意義なものとなりました。参加した学生にとっても、多くの研究者と直接意見を交わすことができ、大変貴重な経験となりました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ