2018.03.13総合案内

兼宗教授が各地で情報教育に関する講演を行いました

3月9日(金)に工学部電子機械工学科の兼宗進教授は、茨木市内の小中学校教員を対象にしたプログラミング教育の講演を行いました。

当日は、小学校教員30名、中学校教員10名が参加され2020年から始まるプログラミング教育について熱心に聴講されていました。

 

兼宗教授は、大阪市や文部科学省の情報教育に関する委員経験があり、小学校・中学校・高等学校の先生方を対象にした研修会等の講師を務めています。また、プログラミング言語やプログラミング学習環境の開発も行っており、その学習環境は全国の学校で利用されています。さらに2020年の小学校におけるプログラミング教育の必修化に向けた、プログラミング教育に関する書籍も執筆しています。

一覧へ戻る

ページの先頭へ