2018.09.10総合案内

健康スポーツ科学科の太田准教授が「市民公開講座2018」で講演

9月7日(金)けいはんな学研都市に立地している6つの大学(奈良先端科学技術大学院大学、同志社大学、同志社女子大学、大阪電気通信大学、京都府立大学、奈良学園大学)と国立国会図書館関西館との共同企画により「市民公開講座2018」が開催されました。

 

 本講座では、本学から医療福祉工学部健康スポーツ科学科太田暁美准教授が「身体活動と健康~生活習慣病予防、介護予防のために〜」というテーマで講演を行いました。

 

はじめに、健康への運動の効果や健康増進のための必要な身体活動量を具体的に紹介し、また、介護予防と認知症の関連について講演を行いました。

 

最後に、国立長寿医療研究センターによる認知症予防の簡単なエクササイズで、運動しながらしりとりなどで脳を刺激する「コグニサイズ」を紹介しました。

太田准教授とともに受講者全員が、ステップ運動と拍手を組み合わせた「コグニステップ」を行い、講演の後の質疑では多くの質問があり、健康への感心の高さを示していました。  

一覧へ戻る

ページの先頭へ