2018.10.03総合案内

「留学生歓迎会」と「短期留学プログラム2018報告会」を実施しました

 9月14日(金)、留学生歓迎会を国際交流センターにて行いました。

今学期はオランダ(協定校のユトレヒト芸術大学)より交換留学生2名、アメリカより研究生1名の留学生が来日しました。これから約半年間、総合情報学部デジタルゲーム学科の研究生として本学で学びます。

 

 9月28日(金)、四條畷キャンパス1号館ロビーにて「短期留学プログラム2018報告会」を開催しました。

本年度は、韓国 湖西大学校への留学プログラム(8月17日〜24日)、中国北京文化体験留学プログラム(9月3日〜9日)に合わせて13人の学生が参加しました。留学前の事前研修では、留学の心得を学び、現地で実施予定の日本文化に関するテーマ発表の打ち合わせを行いました。これに加え、中国プログラムの参加学生は挨拶などの簡単な中国語も勉強し、留学に向けての準備を行い、留学プログラムを体験しました。

 

今回の報告会では、学生たちが現地で行った活動や感じたことなど、留学先でのリアルな体験をまとめて、パワーポイントを使って発表しました。学生たちは、“留学を通して自身の中で変化した事”として「外国に対するイメージが変わった」、「言葉が話せなくても積極的に気持ちを伝えようとする努力が大切」、「外国が好きになり他の国にも行ってみたい」など、積極的な感想が多く出ました。「後輩にもぜひ参加して欲しい」という意見もあり、学生たちにとって、現地でのさまざまな出会いや体験が自身を大きく成長させ、それぞれの将来につながる非常に有意義な経験となったようです。

 

※国際交流センターでは学生向けに短期留学プログラムを提供しています。興味のある学生の皆さんは、お気軽に国際交流センターにお問い合わせください。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求