2019.03.25総合案内

2018年度学位授与式を挙行しました

 3月23日(土)、2018年度学位授与式を四條畷キャンパスのコナミホールで挙行し、1,126人(学士:1,082人、修士:43人、博士:1人)に学位記を授与しました。
 
 大石利光理事長・学長は告辞で「人間関係の基本は挨拶であること」、「努力は自分を裏切らないこと」、「人生は自分の心構え次第であること」の3つを紹介。新しい環境で不安があっても、まず自分から笑顔で挨拶し、未来の自分をつくるために努力を続ける強い意志が大切だと伝えました。さらに社会で困難にぶつかっても、人に感謝する心と物事を前向きに捉える心、そして自分を大切にする心を常に持ち、逃げずに目の前のことに一生懸命に取り組むことで道は拓けると説きました。
 
 また、「本学で5万1千人を超える卒業生が巣立っていき、多くの方々が第一線で活躍されています。先輩に続いて本学の卒業生として後輩の模範となっていただきたい」と述べ、卒業生の輝かしい未来に期待を寄せました。
 
 式典の前後では、記念撮影や後輩らによる花束贈呈が各所で行われ、卒業生は別れを惜しみながらも、晴れやかな表情で本学を巣立っていきました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求