2019.05.13総合案内

奈良文化高等学校の大学体験・見学会を実施しました

 5月13日(月)、私立奈良文化高等学校の2年生19人と先生1人を対象に、四條畷キャンパスで大学体験・見学会を実施しました。
 
 当日は大学概要の紹介後、コース別に分かれて見学体験を行いました。
 総合進学コースの8人は「プロの仕事を誘致!先端マルチメディア合同研究所(JIAMS)体験」と題し、JIAMSの各スタジオで体験を行いました。
 生徒たちは、浜辺に波が打ち寄せる映像に合わせて音を作ったり、CGキャラクターが部屋の中にあるおやつに手を伸ばしてくるARシューティングゲームを体験したりと、デジタルコンテンツ制作の一端を体験。さまざまな制作スタジオで「プロの仕事」に触れることで、現場で通用する生きた学びへの興味や関心をさらに深めていただきました。
 
 また、医療・看護進学コースの11人は臨床工学実習室と水治療法実習室で、「医療現場の空気をリアルに体験!医療機器、リハビリ施設を体験しよう!」と題した体験を行いました。このうち臨床工学実習室では、人工心肺装置や人工透析の仕組みなどについて在学生から詳しい説明を受けたほか、クイズ形式で各種機器の使い方などを学ぶ場面もありました。学生と話し、普段は触れる機会のない医療機器に実際に触れるなど、貴重な体験をしていただけたかと思います。
 本学は2020年4月より、現在の医療福祉工学部を「医療健康科学部」に、医療福祉工学科を「医療科学科」に名称変更します。これからの医療・スポーツ分野に役立つ幅広い学びを提供し、健康科学や情報テクノロジーに精通した未来の医療に応える人材育成にさらに力を入れていきます。
 
 生徒の皆さんはそれぞれのコースに応じた体験実習を通し、本学について興味を持っていただけたようでした。また、進路を意識し始める時期ということもあり、本学への興味・関心を深めていただく機会となりました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ