2019.06.05総合案内

寝屋川キャンパス大規模リニューアルに伴う起工式を執り行いました

 6月5日(水)、本学寝屋川キャンパスの大規模リニューアルに係る新棟建設工事を前に、起工式を執り行いました。
 
 当日は大石利光理事長・学長をはじめ本学関係者のほか、設計施工を担当していただく株式会社竹中工務店の皆さまが参列されました。
 起工式では建築主代表の大石理事長・学長が穿初を、設計施工者代表として株式会社竹中工務店の難波正人取締役執行役員副社長が鍬入を行ったほか、玉串を奉奠し、工事の安全と竣工の無事を祈願しました。
 
 本学では昨年秋から寝屋川キャンパスリニューアルに向けた工事を進めており、今後はキャンパスの中央に新棟を建設します。西側半分が2020年春、東側半分が2022年春に竣工予定です。
 地上3階、延べ床面積約19,500㎡の教育施設で、1階は学生支援の窓口・事務室エリア、2・3階には教員室や研究室など教育研究施設エリアとなる予定です。
 
 この新棟はキャンパスの動線を建物中央の3層を貫く吹き抜けとなるパサージュ(大通り)に集約し、より開放的でオープンイノベーションな環境を可能にすることで、キャンパス全体の活性化を促します。
 また、学生の利用頻度の高い既存棟をデッキで接続することで活発なコミュニケーションを生み出し、学びの形を進化させていきます。
 
 
※工事にともなう音や駐車・駐輪スペースの変更や制限など、ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ