2019.08.21総合案内

圧着技術に関する講習会を開催

 8月19日(月)、本学自由工房主催で日本圧着端子製造株式会社様による「圧着技術に関する講習会」を開催しました。

参加対象は、ロボットコンテスト等のモノづくりに関わる関西圏の大学(大阪電気通信大学、大阪工業大学、大阪大学、徳島大学)、神戸市立科学技術高校より約50人が参加しました。

 

 はじめに、日本圧着端子製造株式会社様の業務内容と業界動向について説明があり、続いて、電線の圧着接続について、圧着の仕組みと方法や圧着端子の種類・形状などを詳しく講習していただきました。

普段なかなか機会のない企業側からのお話に、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。

そして最後に、手動片手式工具を使用した圧着加工の実技演習が行われ、実際に参加者が圧着した配線の強度試験を行いました。

 

 学生からは、「正しい工具を使うことの大切さがわかった」「圧着という一つの技術でまとめられているが、その中にはたくさんの内容があることが理解できた」「圧着が電気機器にとって重要な役割を果たしていることが良くわかりました」「講習を受けた後に実際に実技演習を行うことでより理解が深まり、非常に良い経験ができた」との声が多数聞かれました。

 

 今回の講習会を通じて、参加した学生は技術者に必要な知識を習得し、それと同時に実際の現場での知識の応用方法を学びました。

本学自由工房では学生による「モノづくり」を支援しており、学生の技術力向上のための活動をこれからもサポートしていきます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求