2019.08.29総合案内

駅前キャンパスで合同自衛消防訓練を実施しました

 8月28日(水)、寝屋川消防署協力のもと駅前キャンパスにおいて、隣接する寝屋川市立地域交流センター「アルカスホール」と合同で自衛消防訓練を実施しました。

 

 今回の訓練は、アルカスホール倉庫付近より火災が発生したことを想定し、教職員とアルカスホール担当者がキャンパス前広場に避難するという内容で実施されました。

 参加した教職員たちは、自身の安全を確保しながら担当するフロアの避難を誘導。全員の避難を確認し自衛消防本部へ報告しました。

 

 その後、アルカスホールの職員と合同で、水消火器を使用した消火訓練を行いました。消防隊員より消火の仕方や消火器の使い方のレクチャーを受け、実際に水消火器を使った消火を体験。学内や街中で見かけることはあっても使用方法を学ぶ機会はなかなかないため、非常に良い経験となりました。

 訓練の終了後にはカンパンが配られ、参加者は「災害に備え、備蓄食料として大切に保存したい」と述べていました。

 

  今回の訓練により、火災発生時の適切な行動について確認することができ、教職員の防災意識の向上につながりました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求