2019.09.05総合案内

「大阪880万人訓練」に伴う防火・防災訓練を実施しました

 9月5日(木)、大阪府が実施する「大阪880万人訓練」に合わせて防火・防災訓練を実施しました。
 「大阪880万人訓練」は、伝達された災害情報を認識し、自分の身を守る行動や、災害時の備えの確認をすることを目的に、大阪府内で実施されるものです。

 

 本学では、寝屋川キャンパスM号館9階給湯室で火災が発生したと想定し、非常放送、初動措置、安否確認及び学内指定場所への避難などの訓練を実施しました。
その後、塩田邦成大学事務局長より講評があり、水消火器を使用した消火訓練も実施しました。

 

 万が一地震が起きたら“まずは身を守る”、そして揺れがおさまったら津波に備えて“すぐ逃げる”。今回の防災訓練を通して、非常時の避難経路の確認・シミュレーションが大事だと認識する1日となりました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ