2019.09.17イベント

デジタルゲーム学科・ゲーム&メディア学科が「東京ゲームショウ2019」に出展しました

 9月12日(木)〜15日(日)に幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2019」に総合情報学部 デジタルゲーム学科・ゲーム&メディア学科が関西の大学として唯一出展しました。
 
 「東京ゲームショウ2019」は、コンピュータエンターテインメントの日本最大規模の総合展示会で、本学は2007年に初めて出展して以来、今回で13年連続の出展となります。
 
 今年度は、タブレット・スマートフォンゲームを中心に学生作品を出展しており、来場者からは完成度の高さに驚きの声が。ゲーム・メディア業界では誰もが知る「東京ゲームショウ」で、自分のゲームを遊んでもらい”ダイレクトにレスポンスをもらえる“という成功体験は、学生たちの将来への糧となったようです。
 また、大画面に映し出される映像、鳴り響く音楽、カラフルな衣装を身に着けたコスプレイヤーなど、ほかの展示会では味わえない臨場感のある舞台に立ち、学生たちの士気が高まった様子も感じ取られました。
 
 今回の東京ゲームショウ2019への総来場者数は26万2076人で、海外から来られた方も多く、改めて日本のゲーム業界が人気であることが分かりました。本学のブースでも4日間を通じ、国内外、老若男女問わず多くの来場者で賑わい、大盛況の中で今年度の東京ゲームショウが幕を閉じました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ