2019.10.04総合案内

四條畷キャンパス図書館で初のビブリオバトルを開催しました

10月3日(木)、四條畷キャンパス1号館で「四條畷ビブリオバトル」を開催しました。

ビブリオバトルとは、おすすめの本の魅力を制限時間内で紹介し、最も読みたい本を投票で決定するゲーム感覚の「書評合戦」です。発表者(バトラー)は、スライドやレジュメを一切使わず、自分の言葉だけで本の面白さを伝えます。

寝屋川キャンパス図書館では4回開催しておりましたが、四條畷キャンパスで行うのは初の試み。いつもと違う図書館がステージということもあって、場内は大盛り上がりでした。

 

この日は4人の学生がバトラーとなり、本を紹介。オーディエンスの心をつかむため一生懸命「本」の素晴らしさを発表しました。投票の結果、「電気じかけのクジラはうたう」を紹介した総合情報学部ゲーム&メディア学科2年生の越智友規さんが優勝しました。

 

この紹介した越智さんに「ビブリオバトルで紹介する本はどうやって選んでいるのか?」と質問すると、「読書好きの友人がいて、その友人と情報を交換しながら探している。そのなかで大学に通うみんなに響くものを選んでいる」と答えてくれました。

越智さんが紹介した「電気じかけのクジラはうたう」の舞台では、作曲というクリエイティブすらAIが行います。人間とはなにか、AI社会とはなにか、近未来に起こりえる話なだけあってオーディエンスは真剣に聞き入っていました。

 

今回の観客は約15人。1階エントランスが会場だったので、行きかう学生たちが足をとめてバトラーの熱演に聞き入っている姿も見受けられました。

 

次回の開催は、全国の大学の強者バトラーが集う「全国大学ビブリオバトル2019~首都決戦~地区予選@OECU」です。みなさまのご参加お待ちしております。

 

▼次回開催「全国大学ビブリオバトル2019~首都決戦~ 地区予選@OECU」

開催期間:10月10日(木)

場   所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 第一フロア

時   間:16時30分~

 

※地区予選@OECUは2階層(1回戦+決勝戦)となる予定です。紹介する本は2回とも同じでもかまいません。

※詳細は本学図書館Webサイトなどでお知らせいたします。

一覧へ戻る

ページの先頭へ