2019.11.19総合案内

情報学科客員教授の高橋智隆先生による特別講義「ロボット時代の創造」を開催しました

11月18日(月)、総合情報学部情報学科の客員教授でロボットクリエイターの高橋智隆先生による特別講義「ロボット時代の創造」が四條畷キャンパスで行われました。

 

高橋先生は株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長を務め、ロボットの研究、設計、デザイン、製作などを手がけられています。代表作には、ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、グランドキャニオン登頂成功で話題となった乾電池長もち実証ロボット「EVOLTA(エボルタ)」などがあり、この講義でもこれらのロボットが紐を登ったり、腕立て伏せやダンスをして学生たちを驚かせました。

 

そのほか、高橋先生は、ロボット活用の広がりとして物流倉庫内の運搬、空撮用ドローン、自動運転、スマートスピーカーなど世の中に広がりをみせているなかで、誇大広告などが問題となり開発が続かない現状も話してくださり、技術者として「リテラシー」(情報や知識の活用能力)を大切にしてほしいと学生へ伝えました。

また、「ロボット教室」を全国展開するなか、小学生の可能性を開花する人材育成にも取り組んでいるお話しやロボット開発における今後の展望なども熱く語っていただき、学生たちはその熱意に刺激された様子で聴き入っていました。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求