2020.10.06総合案内

電子機械工学科の研究室が「CYBATHLON2020 Global Edition」に出場します

本学の電子機械工学科の鄭研究室・小川研究室の学生・教員が、株式会社アールテクスと取り組んでいるRPwheel Projectが、11月13、14日に開催されるCYBATHLON2020 Global Editionに「OECU&R-Techs」チームとして参加します。
 
Cybathlon(サイバスロン)大会は、障がいを持つ方が選手となり、先端科学技術を駆使したアシスト機器を使って、日常生活に必要な動作でさまざまなバリアーを乗り越えることを競う6種目で構成された国際競技大会です。
機器を操縦する「パイロット」と呼ばれる障がいを持つ方と技術者は、開発の段階から協力してレースに挑みます。
 
今回の大会は新型コロナウイルス感染症の影響で初のリモート開催となりますが、世界23か国44都市70チームが参加する予定で、「OECU&R-Techs」が出場する電動車いす部門には8チームが出場予定です。
大会当日には、スイスチューリッヒ大会本部と各都市をインタネットでつなげ、各チームのレースをリアルタイムで中継します。
 
RPwheel Projectは昨年5月に「Cybathlon Powered Wheelchair Japan Series」に出場以降、本学園の持つ技術と知識を社会に還元するとともに、障がいを持つ方が日常生活をおくるために必要な動きをアシストする最先端技術の進化に貢献するという目的のもと活動を続けています。
 
▼「CYBATHLON2020 Global Edition」開催概要
 開催日時:予選 11月13日(金)※電動車いす部門は、17時22分からレース開始
      決勝 11月14日(土)※電動車いす部門は、22時レース開始(上位4チーム)
 開催場所:スイスチューリッヒ(大会本部)を含む世界44都市(日本は東京で開催) 
 
※現時点では当日無観客試合の予定です。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求