2020.10.21総合案内

四條畷学園高等学校の大学体験・見学会を行いました

10月19日(月)、本学の四條畷キャンパスにて四條畷学園高等学校の大学体験・見学会を行いました。
今回の体験・見学会は1年生27人、教員2人の方が参加。当日は3密を避け、来場者の受付や手指の消毒、マスクの着用などの新型コロナウイルス感染症拡大予防対策をとりました。
全体説明の後、医療健康科学部健康スポーツ科学科と総合情報学部ゲーム&メディア学科の希望者に分かれて、それぞれ体験授業や施設見学を行いました。
 
健康スポーツ科学科の体験授業では、中井聖特任教授が様々なレクリエーションを通して「楽しさを通したこころの元気づくり」をテーマに授業を行いました。生徒の皆さんは、持参した体操服に着替え、心身の健康にレクリエーションが与える影響・効果の話を聞いた後、実際にレクリエーションを体験し、障がいのある人などの特徴に合わせてルールや用具を変えたり作ったりして行う「アダプテットスポーツ」を楽しみました。
 
総合情報学部ゲーム&メディア学科の体験授業では、倉地宏幸准教授が写真の編集・加工・印刷を通し「本当の自分の顔はどれ?」というテーマで授業を行いました。生徒の皆さんはPhotoshopを実際に操作しながら、その場で撮影した自分の顔写真の編集・加工を体験。普段よく見ている「自分の顔」を鏡のように反転させたり、加工したりすることによって「身の回りのものをよく見たり、見方を変えることで発見をすること」を生徒のみなさんにレクチャーしました。
体験授業のあとは、JIAMSスタジオに移動し、施設見学を行いました。「モーションキャプチャースタジオ」「映像編集スタジオ」「音像編集スタジオ」「CGスタジオ」の4つのスタジオを順番に見学。普段目にすることがないプロの機材を興味津々の様子で見学されていました。
 
体験授業も施設見学も積極的に参加していただき、本学への理解も十分に深めていただけたのではないかと思います。

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求