2021.10.29プレスリリース

卵を守る装置を作れ!5階から卵を落とす競技「卵落としコンテスト」を開催します

本件のポイント
●毎年恒例の基礎理工学科 新入生歓迎イベント「卵落としコンテスト」を2年ぶりに実施
●チームでのモノづくり、プレゼンなどを通して社会人基礎力要請をめざしたプロジェクト学習
 
大阪電気通信大学では、工学部基礎理工学科開設以来続けている新入生歓迎イベント「2021年度 基礎理工学科 卵落としコンテスト」を11月11日(木)に開催します。
A2のケント紙1枚・はさみ・ものさし・セロハンテープなどを使って卵を守る緩衝器を製作し、卵が割れないように学舎5階(約18m)から落とす競技です。物理などの科学知識だけでなく、アイデアやモノづくりのセンスも問われる頭脳競技で、基礎理工学科の恒例イベントとして毎年盛り上がりを見せています。昨年度は新型コロナウイルス感染症拡大のため実施を断念しましたが、10月7日(木)より面接(対面)授業を徐々に再開し始めた今、感染症対策を十分に講じた上で実施いたします。
新入生は3、4人ずつのチームに分かれて緩衝器を製作し、卵を割らずに落下させたチームに最優秀作品賞が授与されます。卵が割れても、卓越したアイデアの作品には「アイデア賞」、見事なプレゼンテーションを行ったチームには「プレゼン賞」が贈られます。
 
工学部 基礎理工学科 新入生歓迎イベント 卵落としコンテスト
開催日時:11月11日(木)9:00~10:30 コンテスト本選
     11月18日(木)9:00~10:30 プレゼン大会
開催場所:大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス Y号館5階
     大阪府寝屋川市初町18-8
 

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求