2017.11.27総合案内

工学部環境科学科の学生が協力したTV番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」が11月26日に放送されました

11月26日(日)、工学部環境科学科の学生が協力したTV番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」がテレビ大阪で放送されました。

 

この日の放送は4本立てで、そのうちの1つ、大阪府寝屋川市太秦2号公園のロケで、俳優の的場浩司さんらとともにアリゲーターガーの捕獲に挑む環境科学科の学生たちの様子が放送されました。

 

このロケのきっかけとなったのは、環境科学科の学生も参加する寝屋川市役所水・みどり室主催の「寝屋川再生ワークショップ」の取り組みです。今年9月、同地で地引き網を使ってアリゲーターガーの捕獲に挑むも失敗しており、この情報を聞きつけた同番組が寝屋川市に打診し、ロケが実現しました。(9月のワークショップの記事はこちら

 

ロケは11月2日(木)、3日(金)、4日(土)の3日間にわたって行われ、10トンバキューム車や排水ポンプを使って池の水を抜きながら、水面を覆っていた外来スイレンを除去するところから作業が始まりました。水位がなかなか下がらず、水面にびっしり広がるスイレンと泥水に学生たちは悪戦苦闘。追い込み作戦や地引き網による捕獲を試みるも空振りが続き、また、抜いた水が逆流するトラブルも発生。一時は捕獲失敗も危ぶまれましたが、最終日、ようやくアリゲーターガーとロングノーズガーの2匹を捕らえることに成功し、そのうちの一匹は本学の学生が捕まえました。

 

放送では本学のロゴが入ったビブスを身につけた学生たちの奮闘ぶりがしっかりと映っていました。泥だらけになりながら頑張った学生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

なお、池にはまだアリゲーターガーの存在が確認されており、続編が予定されています。引き続き、環境科学科の学生もロケに参加する予定です。ご期待ください!

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求