2019.03.05総合案内

本学の教員らが著作・監修した小学校プログラミングに関する書籍が出版されました

 本学の島袋舞子情報教育特任講師が著し、ICT社会教育センター長代理の兼宗進教授(工学部電子機械工学科)が監修した「ドリルの王様-たのしいプログラミング-」(新興出版社啓林館)が出版されました。
 
 本書は、2020年度から小学校で必修化となるプログラミング教育に向け、小学校プログラミングで苦手としやすい分野を中心に扱った問題集です。
 1・2年生、3・4年生、5・6年生と、それぞれの学年を対象にした3冊があり、かわいいキャラクターやシール、がんばり表など「楽しめる工夫」を随所に凝らしたドリルとなっています。プログラミングの基本的な学び方を身につけ、応用力を育むための問題を楽しみながら解き、プログラミング的思考の育成をめざします。

一覧へ戻る

ページの先頭へ