2020.12.22総合案内

「マスク非着用警告システム」を製作した情報工学科等の学生に学長表彰を行いました

12月21日(月)、「学長表彰」の表彰式が寝屋川キャンパスで執り行われました。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を目的とした、「マスク非着用警告システム」(https://www.osakac.ac.jp/news/2020/2111)を構築した情報工学チームの代表3人が表彰を受けました。
副賞には、本学の3D造形先端加工センターで製作された「名前入りオリジナルピンバッチ」が贈られました。
 
大石理事長・学長は、入学したばかりの1年生から大学院生まで、学年や研究室の垣根を越えてオンラインで協働した経験は、社会に出ても必ず活きると学生たちを称賛しました。
 
情報工学科1年生の殿山さんは「学内や社会で役立つシステムをまた作りたい」と、大石理事長・学長や学部学科の教員らと意見交換を行いました。
 
今後の更なる活躍を期待しています。
 
▼製作チーム
情報工学科1年 殿山 雄大
大学院工学研究科情報工学専攻2年 奥村 雄輝
情報工学科4年 畠中 宏輔
情報工学科4年 天野 耀
情報工学科4年 中村 優太
大学院工学研究科工学専攻情報工学コース1年 城下 慧人

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求