2019.12.23総合案内

「GPリーグヤマハ発動機プログラミングコロシアム2019令和記念 全国大会」にて大阪代表チームが3位に入賞しました

12月22日(日)、アリオ川口(埼玉県川口市)で行われた「GPリーグヤマハ発動機プログラミングコロシアム2019令和記念 全国大会」にて、本学が指導・幹事校を務める大阪府代表「ハックセイバー」チームが3位に入賞しました。

 

「GPリーグプログラミングコロシアム」とは、プログラミングやロボット・ゲーム好きな子どもたちが集まり、日本一の小学生サイバーアスリートを決めるプログラミングイベントで、今大会は10~12月に行われた地方大会を勝ち抜いた「エリア代表チーム」が競う全国大会。大阪府代表「ハックセイバー」チームも本学で学生たちと事前トレーニングを行うなど、準備万端の状態で全国大会へ臨みましたが、準優勝とわずか1点差の3位入賞という結果で幕を閉じました。

 

惜しくも優勝は逃してしまいましたが、プログラミング教育が必修化する昨今に向けて、よい糧となったかと思います。

なお、決勝大会の様子はテレビ放送が決定しました。2020年2月2日(日)PM2:30からBSフジでテレビ放送が予定となりますので、是非小学生サイバーアスリートの活躍をご覧ください。

 

本学では、これまで培ってきたノウハウをベースに全国の初等中等教育におけるプログラミング教育をサポートするため、「ICT社会教育センター」を設立し、地元寝屋川市や四條畷市、守口市、大阪市をはじめ茨城県の各教育委員会と連携協定を締結し、超スマート社会(Society5.0)の到来に備えた人材育成に貢献しています。

 

【GPリーグヤマハ発動機プログラミングコロシアム2019令和記念 全国大会 結果】

優勝:東京西(39点)

準優勝:静岡(31点)

第3位:大阪(30点)

第4位:千葉・長崎(25点)

一覧へ戻る

ページの先頭へ

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求