工学部電子機械工学科

2016.08.01

SimulinkでLegoを制御する!メカトロニクス基礎演習が5週間実施されました。

電子機械工学科では、新入生導入教育科目である、「メカトロ基礎演習:Matlab/SimulinkとLego NXTで学ぶメカトロニクスの基礎」を5週間実施しました。

 

実習では、1週目:Matlab/Simulinkの基礎、2週目:モータを知る(機械、電気電子)、3週目:センサを知る(計測)、4週目:制御を知る(制御)、5週目:メカトロニクス装置製作に挑戦の内容で実施されました。

4週目までは、車輪型Legoロボットを制御対象に、Simulinkでロボットの制御ブロックを作成して動かしながら学科の専門4分野を楽しみながら理解する実習を行いました。

 

 

最後の5週目は、4週目まで習得したメカトロ知識を駆使し、オリジナルメカトロ装置の製作課題をグループで挑戦しました。今年度の課題は、ボールを2個のモータで移動させる「物体搬送メカトロ装置」。機構から制御まで、グループの仲間と工夫しながら製作し、ほとんどのグループでしっかりタスクが実行できる装置を完成することができました。担当した学科教員もアクティブラーニングの学修効果が実感できる結果でした。実習の最後には、優秀な装置を製作した5グループに対するプチ表彰式も行われました。

 

 

 

 

一覧へ戻る