総合情報学部情報学科

2018.10.24

「World Robot Summit 2018」トンネル事故災害対応・復旧チャレンジにおいて、情報学科 ロボティクス研究室から出場したODENSチームが3位に入賞

 10月17日(水)から21日(日)に、東京ビックサイトで行われた「World Robot Summit 2018」の『トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ』において、情報学科 ロボティクス研究室から出場したODENSチームが3位に入賞しました。

 

 

 「World Robot Summit 2018」は、経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する「ロボットをテーマに人々がつながり、未来を語り合う場」であり、世界中から集結したチームがロボットの技術やアイディアを競う競技会「World Robot Challenge(WRC)」と、ロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会「World Robot Expo(WRE)」とで構成されています。

 

 

 今回出場した「ODENSチーム」は、升谷 保博教授(総合情報学部情報学科)、尾西 克之さん(同学科 4年生)、三谷 一輝さん(同学科 4年生)、眞野 凌一さん(同学科 3年生)の4人のメンバで構成されています。トンネル事故災害対応・復旧チャレンジには8チームが出場し、10月17日と18日の予選でODENSは4位に入って準決勝に進み、19日と20日の準決勝では3位に浮上し決勝に選出されました。

 

 

20日と21日の決勝ではそれまでより厳しい条件で3チームが同時に競い、結果3位となりました。
また、独自の遠隔操縦方法が評価され「日本ロボット学会賞特別賞」も受賞しました。

 

2018.08.08

圧着技術に関する講習会を開催いただきました

8月8日(水)、自由工房,工学部電子機械工学科、総合情報学部情報学科の学生を対象とした、日本圧着端子製造株式会社様による圧着技術に関する講習会を開催しました。

 

 

最初に、日本圧着端子製造株式会社様の業務内容と業界動向について説明がありました。

 

 

続いて、電線の圧着接続について、圧着の仕組みと方法や圧着端子の種類・形状などを詳しく講習していただきました。

普段なかなか機会のない企業側からのお話に、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。

 

 

そして最後に、手動片手式工具を使用した圧着加工の実技演習が行われました。

手動片手式工具とはバラ状加工された圧着端子を電線に圧着する工具で、補修など少量の圧着接続に使用する工具のことです。

 

 

学生からは、「講習を受けた後に実際に実技演習を行うことでより理解が深まり、非常に良い経験ができた」との声が多数聞かれました。

 

今回の講習会を通じて、参加した学生は技術者に必要な知識を習得し、それと同時に実際の現場での知識の応用方法を学びました。

本学の特色である「実学を通した学び」の実践であり、学生たちにとって大変貴重な機会になったのではないかと思います。

2018.07.26

「第11回組込み適塾」で南角教授が講義を行いました

723日(月)、総合情報学部情報学科の南角茂樹教授が、グランフロント大阪で開催された「第11回組込み適塾」で組込みソフトウェア構築技法に関する講義を行いました。

 

「組込み適塾」は、組込みシステム産業振興機構(ESIP)主催で2008年度から提供している先進的組込みシステム技術者の人材育成プログラムです。情報家電、ロボット、ヘルスケア、環境・エネルギーなどの組込みシステムの高度化と品質向上を図り、高度人材を育成するとともに、受講を通じて組込みシステム産業界の交流の場を提供しています。

 

 

 南角教授が講座を担当した「実装エンジニアリングコース」は、アーキテクトの設計を確実に実装につなげ、かつ電子機器の性能をより一層発揮させるエンジニアの育成をめざすカリキュラムです。南角教授は、組込みシステムの大きな特長であるリアルタイム性(制約時間以内に処理結果を返すこと)を可能にするためのソフトウェア開発における有用な技法およびその時に関連するマイコンシステムに関して解説しました。

 

 

 当日は、複数の企業から30人の方々が参加し、熱心に聴講する様子が見られ、アンケートには「講座を受講し大変満足している」との声も多く寄せられました。

2018.07.09

南角研究室が「Embedded Technology West2018/IoT Technology West 2018」に出展しました

7月5日(木)・6日(金)、グランフロント大阪で開催される「Embedded Technology West 2018/IoT Technology West 」に、総合情報学部情報学科の南角研究室(南角茂樹教授)が出展しました。

 

  ET(Embedded Technology)は「組込みシステム技術」や「IoT技術」に特化した世界最大級のイベントで、多くの注目企業による最新技術やソリューション展示、旬の技術テーマを中心とした多彩なカンファレンスを通じて、最先端の「組込み技術」や「IoT技術」を発信しました。説明員は南角研の大学院生および学部生がつとめました。

 

 

  南角研究室は2014年から5年連続で出展し、組み込みリアルタイムシステムについての研究発表を行っています。また、南角教授は昨年からETWestの実行委員長も務めており、6日のテクニカルセッションでは講演も行ないました。

 

 

2018.06.07

情報学科の大西克彦准教授が「公益財団法人 立石科学技術振興財団」より研究助成金の贈呈を受けました

2018年5月21日にグランドプリンスホテル京都にて開催された、公益財団法人 立石科学技術振興財団

第5回立石賞表彰式・記念講演及び2018年度助成金贈呈式にて、

総合技術学部情報学科の大西克彦准教授が研究助成金の贈呈を受けました。

 

 

今回の受賞テーマは、「医師の認識能力の促進を目指したAR内視鏡下手術支援ナビゲーションシステムの開発」で、

主に脳下垂体腫瘍摘出術における手術支援システムの開発を目指しているとのことです。

 

 

大西准教授は受賞後、他の研究者や財団関係者と技術交流を行い、「医師の認識能力とセンサやコンピュータの情報処理能力の長所を融合調和し、

安全かつ正確に腫瘍を摘出できる内視鏡手術支援システムの開発に取り組んでいきたい」と述べていました。

2018.05.23

情報学科の新入生が学外教育研修を行いました

5月18日、19日の1泊2日にて情報学科の新入生が、教育内容の理解と学生間及び教員との交流促進を目的とした学外教育研修を行いました。

1日目のパナソニック神戸工場では、実際に製造販売されているノートPCの組み立て工程や性能試験の様子を見学、

また、理化学研究所 計算科学研究センターでは、さまざまな科学技術計算を行うスーパーコンピュータ「京」の構造やその利用などをご説明いただき、実際の筐体を見学しました。

 

そして、夕方には神戸市立神戸セミナーハウスに到着し、夕食や懇親会を行いました。

2日目には、コンピュータサイエンスアンプラグド学習法によるコンピュータ科学のワークショップ体験を行い、その後、グループ担任との面談を実施し研修が終了しました。

 

本研修を通して、新入生たちは学修への意欲の高まりと共に、多くの同級生や教員との親交を深めることができたと思います。

2018.05.09

医療福祉工学部と総合情報学部の学生に「学部長賞」授与式を執り行いました

実学道場プロジェクト※による資格を取得した学生のなかから、難関資格(基本情報技術者試験)を取得した学生に学部長が表彰する「学部長賞」の授与式が5月8日(火)に執り行われ、新川拓也医療福祉工学部長と魚井宏高総合情報学部長から表彰状と副賞が学生に手渡されました。

 

新川医療福祉工学部長は、「資格は目に見える成果ですが、資格取得をきっかけに、先を見据えて努力しつづけてほしい」と伝え、魚井総合情報学部長は、「基本の資格を取得したら、さらにレベルアップをめざして、上位の資格取得に挑戦してほしい」と述べました。

 

 ※実学道場プロジェクト・・・

多くの学生に資格取得の有効性を呼びかけ、資格取得などを通しての知識の定着や達成感を体験することで一層勉学意欲を高めるための支援プロジェクトです。

 

 

2018.04.24

総合情報学研究科修士課程コンピュータサイエンス専攻の大学院生が電気学会関西支部連合大会で「連合大会奨励賞」を受賞しました

 2017年11月25日、26日に開催された「電気学会関西支部連合大会」において國本倫平さん(総合情報学研究科修士課程コンピュータサイエンス専攻1年)の「データベース演習支援システムの拡張:O/R マッパーへの対応」と題して発表をしました。

この発表について、4月20日(金)に「連合大会奨励賞」を受賞しました。

 

 

2018.03.22

コンピュータサイエンス専攻の大学院生がBest Paper Awardを受賞しました

2018年2月13日に、矢野大貴さん(総合情報学研究科修士課程コンピュータサイエンス専攻小枝研究室2年)の論文「Accuracy verification of knife tip positioning with position and orientation estimation of the actual liver for liver surgery support system」がBest Paper Awardを受賞しました。


本論文では、リスクの高い肝臓手術をITメカトロ技術でサポートすることを目的とし、肝臓手術時間の短縮、手術ミスの事前防止を目指した内容になっています。

 

矢野さんは、「共同研究者の協力があり成果をだすことができ感謝の気持ちでいっぱいです」と述べました。

また、第18回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会にて、「第17回レスキューロボットコンテストにおけるダミヤンセンサデータ送受信システムの開発」を講演し、優秀講演賞を受賞しました。

さらに、2018年3月に開催された「情報処理学会第80回全国大会」にて「肝臓手術サポートシステムにおけるGPGPUによるDICOMからの深度画像生成と評価」を発表し、学生奨励賞を受賞しました。

 

 

2018.01.09

情報学科の中野由章客員准教授が沖縄県立八重山商工高等学校で授業を行ないました

12月25日(月)、総合情報学部情報学科の中野由章客員准教授が、沖縄県立八重山商工高等学校情報技術科1年生を対象に、本学科主催の「コンピュータ・サイエンス教室」を行ないました。

 

中野客員准教授は、パリティ・チェックや情報量の概念などをゲームを通してわかりやすく解説しました。また、情報量に関する演習では、工学部電子機械工学科の兼宗進教授や医療福祉工学部医療福祉工学科の学生とともに開発した「ジョニーを探せ!」という教材を使いました。

 

八重山商工の生徒のみなさんはとても楽しそうに取り組んでいました。中野客員准教授は「今後もこのような形で高大連携を積極的に展開していきたい」と述べています。

 

2017.12.25

総合情報学研究科の学生が「RTミドルウェアコンテスト2017」で受賞しました

12月20日(水)に仙台国際センターで開催された「RTミドルウェアコンテスト2017」で、奥野真之さん(総合情報学研究科修士課程コンピュータサイエンス専攻2年生)の作品が2賞を受賞しました。

 

 

「RTミドルウェアコンテスト」は、経済産業省が推進するRTミドルウェアの普及のために、日本ロボット工業会、計測自動制御学会、産業技術総合研究所が共同主催するコンテストです。RTミドルウェアとは、ロボット機能要素のソフトウエアモジュールを複数組み合わせてロボットシステムを構築するためのソフトウエアプラットフォームのことで、産業技術総合研究所がRTミドルウェアの実装の一つであるOpenRTM-aistを開発しており、その仕様は国際標準化団体OMGによって標準化されています。

 

奥野さんが応募した作品「実機とシミュレータを併用するロボットプログラミング教材のための支援ツール」は、総合情報学部情報学科の授業「情報システム実験」のTA(ティーチング・アシスタント)を担当した経験を踏まえて作成されたものです。この授業のテーマの一つ「ロボットプログラミング」はRTミドルウェアを利用しており、奥野さんはその授業が円滑に運用できるように受講生のためのGUI支援ツールを開発し、それを基に他の教材にも使えるように汎用化しました。

 

 

本作品は、インターネット上での公開と、当日のプレゼンテーションによる審査の結果、「ダイナミクセルトライアル賞」と「とても品質が良いで賞」の2賞を受賞し、奥野さんに表彰状と副賞が授与されました。

 

 

奥野さんの作品「実機とシミュレータを併用するロボットプログラミング教材のための支援ツール」

http://www.openrtm.org/openrtm/ja/project/contest2017_01

「RTミドルウェアコンテスト2017」

http://openrtm.org/openrtm/ja/content/rtmcontest2017

2017.09.11

情報学科の中野由章客員准教授が「情報処理学会 第79回全国大会」の「大会優秀賞」を受賞しました

3月16日(木)から18日(土)にかけて名古屋市で開催された「情報処理学会 第79回全国大会」で、総合情報学部情報学科の中野由章客員准教授の発表が「大会優秀賞」を受賞しました。

 

本大会は、一般社団法人情報処理学会が年1回開催する学会最大のイベントで、最新の学術・技術動向や情報に関する新しい研究成果やアイディア発表を通し意見交換・交流を行っています。

 

「大会優秀賞」は、本大会でのすぐれた発表者に贈られるもので、中野客員准教授は「高等学校情報科教員採用の危機的現状」をテーマに、高等学校の情報教育における教員の不足と非常勤講師の需要の大きさの実態を明らかにし、その危機的現状の改善を訴えました。

2017.07.20

「第10回組込み適塾」で南角教授が講義を行いました

 

7月18日(火)、総合情報学部情報学科の南角茂樹教授が、グランフロント大阪で開催された「第10回組込み適塾」で組込みソフトウェア構築技法に関する講義を行いました。

 

「組込み適塾」は、組込みシステム産業振興機構が2008年度から提供している先進的組込みシステム技術者の人材育成プログラムです。情報家電、ロボット、ヘルスケア、環境・エネルギーなどの組込みシステムの高度化と品質向上を図り、高度人材を育成するとともに、受講を通じて組込みシステム産業界の交流の場を提供しています。

 

南角教授が講座を担当した「実装エンジニアリングコース」は、アーキテクトの設計を確実に実装につなげ、かつ電子機器の性能をより一層発揮させるエンジニアの育成をめざすカリキュラムです。南角教授は、組込みシステムの大きな特長であるリアルタイム性(制約時間以内に処理結果を返すこと)を可能にするためのソフトウェア開発における有用な技法およびその時に関連するマイコンシステムに関して解説しました。

 

当日は、複数の企業から30人の方々が参加し、熱心に聴講する様子が見られました。

 

2017.07.18

南角研究室が「Embedded Technology West2017/組込み総合技術展 関西」に出展しました

 

7月12日(水)、13日(木)にグランフロント大阪で開催された「Embedded Technology West 2017/組込み総合技術展 関西」に、総合情報学部情報学科の南角研究室(南角茂樹教授)が出展しました。すべての人・モノ・コトがつながるIoT時代を迎え、組み込み技術の重要性と将来への期待がますます高まっている現在、この展示会はこれからの成長分野を支えていく重要な技術にフォーカスし、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションを提案する場とし、シナジー効果の創出を目的としたものです。来場者数は2日間で6,420人でした。

 

南角研究室の今回の出展は、これまで研究を続けているテーマ「REMON(Real time Embedded MONitor) on ARM Cortex M-3」に加え、新たな提案となる「マルチタスク環境における優先度利用wait-free排他制御方式の提案」を発表しました。南角研究室では、今後実装と評価を進め、従来の手法と応答速度の比較を行っていきます。

ブースには企業の技術者などが多数訪れ、南角研究室の学生たちは積極的に説明や意見交換を行っていました。

 

 

また、13日のテクニカルセッションでは、ET Westの実行委員長も務める南角教授が「最後の砦!組み込みソフトウェア実装品質における勘所」と題して講演しました。南角教授は「シミュレーターでは動作するが、実機ではシステムダウンしたり、正しく動作しなかったりするようなソフトウェアの課題」について、不具合事例を紹介しながら解説しました。受講者数は企業の技術者を中心に135人でした。

 

 

2日間にわたり大勢の来場者が訪れ、学生たちにとって、自身の研究内容を深め、企業や他大学の方々と交流を図る貴重な機会となりました。また南角研のOBも20名以上訪れるなど、OBとの交流の場ともなっています。

 

なお、会場でも配布された7月12日付の電波新聞では、「ET West2017」開催にあたっての南角教授の挨拶文が掲載されています。リンク先のページの関連資料よりご覧いただけます。

http://www.osakac.ac.jp/news/2017/1168

2017.01.16

南角教授が「ETWest」の実行委員長に就任しました

 

総合情報学部情報学科の南角茂樹教授が、1月11日付けで「ETWest(Embedded Technology West)」の実行委員長に就任しました。

 

「ETWest」は一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)が主催する「組込みシステム技術」に特化した世界最大級のイベントで、南角研究室は会場が南港からグランフロント大阪に移った2014年から3年連続で出展しています。昨年7月に開催された「ETWest 2016」では119の企業や団体が出展し、6,700人を越える来場者数が訪れました。(南角研究室の出展の様子はこちら

 

また、今年の開催予定日は7月12日(水)、13日(木)となっており、南角研究室ももちろん出展する予定です。

2016.10.18

情報処理学会のコンピュータと教育研究会「第136回研究発表会」で兼宗研究室の学生が「奨励賞」を受賞しました

10月15日(土)、16日(日)に神奈川県で開催された情報処理学会のコンピュータと教育研究会「第136回研究発表会」で、本多佑希さん(総合情報学部情報学科4年生兼宗研究室)が「奨励賞」を受賞しました

 

受賞内容は以下のとおりです。

 

【奨励賞】

●JavaScript版ドリトルのタブレットでの利用可能性の提案

本多佑希 (総合情報学部情報学科4年生兼宗研究室)

 

コンピュータと教育研究会は、近年急速に拡大・普及しているコンピュータを利用した教育システムを、情報処理技術の立場から支援するという目的で設立されているもので、工学部電子機械工学科の兼宗進教授と、総合情報学部情報学科の中野由章客員准教授が幹事を務めています。

 

研究発表会では定期的に学生セッションが設けられ、そのセッションにおける優秀な発表に対して、学生奨励賞が授与されます。

 

2016.10.17

「第7回ロボット大賞」で「レスキューロボットコンテスト」が審査員特別賞を受賞しました

10月12日(水)、「第7回ロボット大賞」が発表され、「レスキューロボットコンテスト」が審査員特別賞を受賞しました。

 

「ロボット大賞」は、ロボット技術の発展やロボット活用の拡大等を促すため、特に優れたロボットや部品・ソフトウェア、それらの先進的な活用や研究開発、人材育成の取組みなどを表彰する制度です。

 

「レスキューロボットコンテスト」は、技術や教育という面のほか、災害地で活用され得る要素の提案も審査対象に含まれるなど「社会性」を重要な柱としていることに加え、「人へのやさしさをコアとしたユーザー視点を大事にする技術者の育成」という観点を重視している点を評価され、今回の受賞に至りました。

 

本コンテストは、1999年に総合情報学部情報学科の升谷保博教授らが提案し、2000年のプレ大会から毎年開催されています。升谷教授は2代目の実行委員長(2004〜2008年)であり、現在も同学科の小枝正直准教授とともに実行委員を務めています。また、本学の産学共同組織であるJIAMS(先端マルチメディア合同研究所)も撮影・映像制作として関わっています。

 

自由工房の「救命ゴリラ!!」チームは2006年から毎年本コンテストに出場しており、第10回ではもっとも栄誉ある「レスキュー工学大賞」も受賞しています。

 

10月19日(水)に行われた「第7回ロボット大賞」表彰式及び特別ステージ(受賞者によるプレゼンテーション)の様子はこちらよりご覧いただけます。レスキューロボットコンテストの表彰は43分頃、プレゼンテーションは5時間29分頃に始まります。なお、プレゼンテーションにおいては、JIAMSが作成した映像が使用されています。

 

※「ロボット大賞」は、経済産業省、一般社団法人日本機械工業連合会、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省との共催により実施されています。

 

▼関連リンク

・第7回ロボット大賞についてはこちら

・レスキューロボットコンテストについてはこちら

・自由工房についてはこちら

・JIAMSについてはこちら

 

過去のレスキューロボットコンテストの様子

 

過去のレスキューロボットコンテストの様子

2016.09.14

MOBIOの研究シーズ発表会にて総合情報学部情報学科の南角教授が発表

9月7日(水)、13日(火)にMOBIO産学連携オフィス連続企画テーマ別大学・高専合同研究シーズ発表会『情報通信・IoT・ICT編』が開催され、13日に総合情報学部情報学科の南角茂樹教授が発表を行いました。

 

この日は近畿の8大学の教授らによるシーズ発表会が行われ、南角教授は「割り込みスケジューラREMON」をテーマに講演しました。

 

「REMON」は日米などの特許を取得している「Real-Time Embedded Monitor」の研究で、各種プロセッサへの適応や、組込み製品でも需要が高まっているマルチコアへの対応などについて解説しました。

 

発表会の後、別室でシーズ展示会が行われ、南角教授は「組込みシステム用割り込みスケジューラREMON」の解説パネルを前に、パソコンも使用しながら参加者の質問に答えるなど、交流を深めました。

 

 

 

2016.08.08

総合情報学部情報学科の久松研究室がYassLabと提携

 

総合情報学部情報学科の久松研究室(久松潤之准教授)が、アジャイル開発や教材制作を行うYassLabと提携を結び、YassLab からRuby on Rails のビデオ教材の提供を受けることになりました。

 

Ruby on Railsとは、いわばWebアプリを開発するためシステムの一種で、スマホアプリの開発やゲーム開発などに用いられています。開発が容易なこと、短期間で構築できることから、世界中で広く使用されています。

 

ビデオ教材は学生が自宅でも視聴できるようになっており、自宅学習に活用してもらう予定です。

 

▼YassLab

2012年から完全リモートワーク(在宅勤務)制を導入した組織で、Ruby/Railsのアジャイル開発※、教育/教材制作、および翻訳技術の研究を行っています。

 

▼アジャイル開発

アジャイルとは「すばやい」、「俊敏な」という意味で、反復(イテレーション)と呼ばれる短い開発期間単位を採用することで、リスクを最小化しようとするソフトウェア開発手法の一つです。開発速度、品質、複数人での共同作業に優れています。事実上世界標準で、多国籍での開発に対応しています。

 

YassLabのwebサイトはこちら

 

ビデオ教材についての詳細はこちら

2016.07.11

南角研究室が「Embedded Technology West2016/組込み総合技術展 関西」に出展しました

7月7日(木)、7月8日(金)にグランフロント大阪ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンターにて開催された「Embedded Technology West 2016/組込み総合技術展 関西」に、本学総合情報学部情報学科の南角研究室(南角茂樹教授)が出展しました。

 

南角研究室のパネル展示は「RT(リアルタイム)OSの割り込み応答性能を向上させる可変システム割り込みの研究」というテーマで、昨年はシステム割り込みを削除したRTOSを提案してその有用性の検証を行っていましたが、今回は別のアプローチとして、システム割り込みの周期(間隔)を自由に変更できるようなRTOSを試作、その有用性を検証し、紹介しました。

 

途絶えることなくブースを訪れる人の多くは企業の技術者で、応対は学生が務めました。南角教授は「この研究は正に実学。企業の関心も高い。この経験は学生にとって将来必ず役立つ」と話しました。

 

また7月8日(金)には大石利光学長がパネル展示を見学し、研究について学生に質問する様子が見られました。