医療健康科学部健康スポーツ科学科

2021.10.26

健康スポーツ科学科2年生の地域連携・ボランティア演習の学外授業で「カヤネズミを守ろう!」に参加しました

10月23日(土)、健康スポーツ科学科2年生の地域連携・ボランティア演習の学外実習で、京都府立木津川運動公園「城陽五里五里の丘」に伺い、「カヤネズミを守ろう!」という自然保護活動に参加しました。
 
 
カヤネズミは、オギやススキ、ヨシなど背の高いイネ科植物がまとまって生える草むら(カヤ原)に住み、これらの草の葉を割いて編んだボール状の巣を作って子育てをします。昔は河原や田んぼで普通に見られましたが、開発や河川の改修、外来種やツル植物の増加によって、すみかのカヤ原が減り、京都府では準絶滅危惧種になっています。
城陽五里五里の丘では、2016年4月からカヤネズミの住むオギ原を守る取り組みが行われています。
 
 
当日は残念ながらカヤネズミには出会えませんでしたが、学生たちはカヤネズミの巣や食べ物を観察したり、カヤ原の保全区の調査をお手伝いしたりしました。
 
 
 
地域での自然保護活動、公園の施設や運営についての理解を深めることができました。
 
(本学のこの取組みは、SDGs「15」に該当します)

一覧へ戻る