工学部建築学科

2020.12.18

工学部建築学科2年生の宮部彰乃さんが「第3回 インテリアプランニングコンペ2020」で入賞

工学部建築学科2年生の宮部彰乃さんが、日本インテリアプランナー協会(JIPA)が主催する「第3回 インテリアプランニングコンペ2020」で入賞を果たしました。
 
このコンペティションは、インテリアプランナーを目指す若手の育成と活躍の場を創出する目的で開催されており、今回は「ひろがるインテリア」をテーマに、限られた大きさのインテリア空間が、時間的・人間的にどのように「ひろがる」かを考え、約6m角の空間内に「ひろがるインテリア」を制作・提案しました。
 
 
宮部さんの作品「Shade of tree」は、木で作られた六角形のインテリアで、「光」と「高さ」により空間を表現。全国の大学・専門学校の学生と社会人の応募者数約500作品の中から、一次審査を通過した45作品に見事選ばれました。
 
 
2018年に新設された本学の建築学科。
日ごろの学修の成果と弛まぬ努力が結果として表れた、宮部さんの活躍は他の学生の刺激にもなります。
 
引き続き、建築学科では環境や情報をはじめ、多岐にわたる専門領域の知識を基盤に次世代を担う建築のプロの育成をめざします。
 
▼「第3回 インテリアプランニングコンペ2020」最終審査結果はこちら

一覧へ戻る