記事一覧

SHARE

2022.06.27

学外展示イベントに向けた制作活動が始まりました

デジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科では学科共同プロジェクトとして、学生作品を学外イベントに展示する活動を毎年行っています。
 

※2021年度の様子

 
今年度は、8月6日(土)、7日(日)の2日間、京都市勧業館みやこめっせで開催されているインディーゲーム国内最大級のイベント「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」の本学ブースに学生作品を出展する予定です。
 
イベントの詳細は以下からご覧ください。
 
また去年のイベント参加の様子は以下の記事からご確認ください。
 
 
今年度も作品募集を告知するポスターが学内に貼り出され、5月上旬の学内エントリーには様々な学生企画が集まり、現在はイベントに向けて着々と制作が進んでいます。
 
6月18日(土)、19日(日)の2日間は「集中作業日」として学生が対面・遠隔の併用で、各自のゲーム制作に熱を注ぎました。
 
 
 
 
最終的には、7月23日(土)に実施される学内の最終審査を通過した作品がイベント当日に展示される予定です。
 
本イベントはデジタルゲーム学科、ゲーム&メディア学科の各教員がサポートに入っており、集中作業日や途中途中の学生作品の審査のタイミングでは各専門の教員から様々なアドバイスが学生に送られます。
 
 
 
課外活動として様々なイベントを実施し、本イベントでも学生作品の取りまとめをおこなっている森 善龍 特任准教授は「本イベントは課外活動の一環ではあるが、各学生が持てる技術や経験を全てアウトプットするような場でもある。クリエイティブな業界を目指す学生などにとっては非常に有益な実践的な場であり、参加する学生は強い熱意を持って本イベントに取り組んでいる。引き続き学生ならではの独自なアイデアや考え方を大切にした制作活動を続けて欲しい」と話していました。
 
毎年意欲的な作品が登場する本イベントは、参加した学生がその制作経験を活かしゲーム業界やクリエイティブな業界に進んでいく、言わば登竜門となっています。本イベントについては引き続き情報発信をさせて頂きますのでどうぞご期待くださいませ。

記事一覧

キャンパスライフ

ロボットづくりなどに挑戦できる「自由工房」やクラブ・サークル、イベントなど、大阪電通大では、授業やゼミ以外にも日々さまざまな活動が行われています。

クラブサークル紹介

施設・キャンパス

次世代テクノロジーへの学びが詰まった「寝屋川キャンパス」、医療・健康・スポーツ分野の「四條畷キャンパス」をご紹介します。

PAGE
TOP