総合情報学部デジタルゲーム学科

2019.08.27

「デジタルホラーハウス2019」をグランフロント大阪で展示しました

 昨年に引き続き、今年もグランフロント大阪北館のアクテイブスタジオで、総合情報学部デジタルゲーム学科・魚井研究室の学生がデジタルホラーハウスを展示しました。

 

 

 

 「なぜ日本のお化け屋敷はこんなにも怖いのか?」という疑問を追及した結果、それは「人が脅かすから」という答えにたどり着きます。では「人がいないお化け屋敷を怖くできない」のか?

その答えを得るべく始まった取り組みが、本学総合情報学部デジタルゲーム学科魚井研究室(魚井宏高教授)の学生による「恐怖を与える技術の自動化」研究です。

 

 

 

 2014年からスタートし、今年で6回目の展示となる2019年は、8月8日(木)から8月10日(土)の昨年のリメイク版である「デジタルホラーハウス2019〜当館自慢の○肉料理(フルコース) リベンジ〜」と、8月11日(日)・12日(月・祝)にホラーテイストのVRアクションゲーム「デジタルホラーハウス 2019~常闇からの大脱走~」の2作品を展示。

 

 

 

 夏休み期間で、開催日数も昨年より1日長かったため全来客数は300人弱と、2018年よりもたくさんの方に来場していただくことができました。

 

 ご来場・ご体験いただいたみなさまに感謝いたします。

一覧へ戻る