工学部電子機械工学科

2016.08.02

兼宗教授のインタビュー記事が「@IT」という技術系のサイトで紹介されました

工学部電子機械工学科の兼宗進教授のインタビュー記事が「@IT」という技術系のwebサイトで紹介されました。

 

インタビュー内容は兼宗教授が科学研究費補助金で行っている研究の紹介で、掲載されている写真は工学部電子機械工学科「コンピュータ演習2」の授業中のものです。

 

1ページ目は「情報の科学的な理解を育成する教育手法の研究」(2010-2012年度)の研究成果である「CSアンプラグド」という教育法の紹介です。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/01/news028.html

 

2ページ目は「プログラミング初学者におけるプログラミング理解過程の研究」(2013-2016年度)の研究成果である「BitArrow」という教育ツールの紹介です。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1608/01/news028_2.html

 

また、「BitArrow」は本学発のオンライン教材ツールとして8月の正式公開の準備を進めています。(東京農工大学、明星大学との共同開発)

一覧へ戻る