工学部電子機械工学科

2016.09.06

兼宗研究室がプログラミング学習環境「ビットアロー(Bit Arrow)」を公開しました

 

工学部電子機械工学科の兼宗研究室(兼宗進教授)は、オンラインのプログラミング学習環境「ビットアロー(Bit Arrow)」を公開しました。

 

ビットアローはブラウザから手軽に利用でき、本学で開発されている教育用プログラミング言語「ドリトル」と、教育用JavaScript言語、簡易版のC言語のプログラムを入力して実行できます。プログラムはサーバーに保存され、PCのほかにタブレットやスマートフォンなどで実行することができます。プログラミングの必修化が予定されている小学校から高等学校の学校教育に加え、大学等の授業での利用も期待されています。なお、この公開は東京農工大学、明星大学との共同研究の成果です。

 

兼宗教授は小学校から高等学校までの情報教育を検討する文部科学省中央教育審議会情報ワーキンググループの委員であり、プログラミング教育についての有識者会議でも委員を務めています。

 

「ビットアロー(BitArrow)」のページ

http://bitarrow.eplang.jp/

 

兼宗教授のICTE情報教育セミナーで講演の様子

http://www.osakac.ac.jp/project_now/eme/188

一覧へ戻る