工学部電子機械工学科

2017.05.08

玉乗り レゴロボット

ロボットに代表されるように、あらゆる機械の「モノづくり」では、電気・電子系と機械系の広い分野の知識・技術が求められます。

例えば、写真の玉乗りをしているレゴロボット。
このロボットは、センサーによって傾きや回転の角度を計測し、その情報を基に指令をだして動きを制御しているため、ボールの上で重心を保ちながら動くことができます。
 

【動画】

 

このロボットの研究・開発を通じて、電子機械工学科で学ぶ「機械」「電気・電子」「計測・制御」「情報」を融合した応用力がつちかわれます。
(電子機械工学科 田中 宏明研究室)

 

一覧へ戻る