工学部電子機械工学科

2019.10.08

「ひょうごパラスポーツフェスティバル」Cybathlon電動車椅子を出展しました

10月6日(日)、神戸市ワールド記念ホールで開催された「ひょうごパラスポーツフェスティバル」にて、Cybathlon電動車椅子 RPwheel_v2019のデモ展示を行いました。

 

 

RPwheel_v2019は、電子機械工学科の鄭・小川研と電通高校の教員の高大連携で開発した電動車椅子で、今年5月に川崎で開かれたCybathlon電動車椅子の日本シリーズで4位に奮闘したものです。

 

 

デモ会場では、16m長さのデモスペースの中で多くの来場者にRPwheelに乗ってCybathlon電動車椅子レースを体験してもらいました。当日は、お子さん連れの家族でにぎわい、RPwheelに乗る子どもたちが多かったですが、北海道から参加した義足関係を専門に勉強する大学生もいて、プロジェクトに大変興味を持ってもらいました。車椅子利用者の方も実際にRPwheelに乗って「すごい!ほしい!」と言ってくださったのでデモをサポートした鄭研の学生らも大変うれしく思いました。

 

 

今回のデモでRPweel_v2019は最後の出番となり、こらからRPwheel_v2020の開発が本格的に進められます。RPwheelプロジェクトは、OECU&R-Techsのチーム名で来年5月スイスで開かれるCybathlon本大会への出場を目指します。多くのご支援をよろしくお願いします。

 

一覧へ戻る