医療健康科学部健康スポーツ科学科

2021.07.20

健康スポーツ科学科「キャリアデザイン」の授業でサッカー元日本代表の橋本英郎選手による講演が行われました

医療健康科学部健康スポーツ科学科のキャリアデザイン(2年生前期科目)の授業で、サッカー元日本代表の橋本英郎選手(現FC今治所属)による講演が行われました。
 
 
このキャリア科目は、健康増進や運動・スポーツを学ぶ学生が「生き方」「進路・職業選択」についても学びながら、自分の将来やキャリアを思い描き、行動できるようになることを目的として開講しています。
 
今回、講演いただいた橋本選手は、42歳の現在もトップアスリートとして最前線で活躍されている傍ら、アスリートのキャリア支援やサッカースクールの経営などさまざまな社会貢献活動に参加されています。
講演では、「学業とスポーツの両立」「学生時代に心掛けていたこと」「スポーツ選手が競技以外で社会に貢献する姿勢」など、学生が今後どのような視点でキャリアを作り上げていくのかということについて、橋本選手ご自身の経験を踏まえて、貴重なお話をしていただきました。
 
現在に至るまでのキャリア選択やターニングポイント、学生時代の経験についてお話を伺うことで大学生としてのキャリア形成や人格形成について考えるきっかけとなりました。
 
健康スポーツ科学科ではスポーツインストラクターや保健体育教諭などスポーツを中心とした幅広い進路に進むことが可能です。1年次よりキャリア教育を行っており、教員及び就職課職員が全面的にバックアップしています。
 
■健康スポーツ科学科Webサイト
 
■橋本英郎選手プロフィール(FC今治HP参照)

一覧へ戻る