工学部電子機械工学科

2016.09.06

工学研究科制御機械工学専攻の大学院生が計測自動制御学会第33回センシングフォーラム計測部門大会で優秀賞を受賞しました

9月1日(木)、2日(金)に近畿大学和歌山キャンパスで開催された計測自動制御学会第33回センシングフォーラム計測部門大会で、中村祐一さん(大学院工学研究科修士課程制御機械工学専攻入部研究室2年生)の発表が表彰され、計測部門・関西支部連携ポスターセッション(若手部門)優秀賞を受賞しました。

 

受賞内容は以下の通りです。

◆計測自動制御学会 第33回センシングフォーラム 計測部門・関西支部連携ポスターセッション(若手部門)優秀賞

中村祐一さん

発表テーマ:天体観測のための補償光学システム開発〜実時間性を考慮したシステムの効果〜

 

この研究は、地上からの天体観測に必須となる補償光学装置内部のフィードバック制御器の性能向上のために、リアルタイム性能の向上とサンプリング動作の高速化を可能とする制御システムを独自に構築し、それにより補償光学装置の性能が格段に向上することを示したものです。

 

「センシングフォーラム」はセンシング技術をキーワードとし、SICE(公益社団法人 計測自動制御学会)の幅広い計測分野での技術交流・情報交換を行う場として開催されています。

 

一覧へ戻る