工学部建築学科

2020.05.20

オンラインRUG年次総会が開催され、建築学科飯島教授が開会挨拶を行いました

5月15日(金)、RUG年次総会がオンライン上で開催され、建築学科の飯島教授が開会挨拶を行いました。

 

RUG(Autodesk Revit User Group Japan)は、Revitのユーザーグループであり、建築業界において、Revitを中心としたBIMを実務的に活用できるような活動を行い、その普及と展開を務めています。国内では2007年に結成され、近年ではBIMによるワークフロー分析を基にしたミッシングリンク(データ流通の血栓)を発見し、解決するための各種タスクフォース活動を行っています。

 

飯島教授は、2016-2019年度にかけてRUG第3期会長を務め、建築におけるBIM(Building Information Modeling)推進を手掛けてきました。

総会では意匠・構造・設備など各種ワーキンググループの活動報告や今後の活動方針のほか、さまざまな業界先端事例の報告がありました。

 

例年、対面式の総会では約100名の出席者ですが、現在の情勢を鑑み実施した今回のZoomビデオウェビナーを活用したオンライン総会では倍の約200名が参加。

 

今年度からは、株式会社日本設計の吉原氏が会長を務め、飯島教授は理事として引き続き、本会と建築業界を牽引していきます。

 

◆総会の様子はこちらから

YouTube (Autodesk Japan BIM チャンネル)
https://www.youtube.com/playlist?list=PLdMYeRRM4zCOSWRAbeLeBs2LbwJLotuwJ
 

 

 

一覧へ戻る