工学部建築学科

2021.01.29

建築学科飯島研究室でマシュマロチャレンジを実施!

工学部建築学科の飯島研究室で、3年生のゼミ生を対象にマシュマロチャレンジが行われました。マシュマロチャレンジとは乾麺パスタとマシュマロを使用し、自立するできるだけ高いタワーを造る競技です。

 

参加した学生は、より強い構造となるよう台座を三角形とし、限りある材料の中でより強度を上げつつ高さを出すために、試行錯誤を行い、チャレンジに取り組んでいました。1回目のチャレンジ後には、想定より上手くいかなかった箇所を検証し、2回目のチャレンジではより記録を伸ばすことに成功!

 

メンバー全員が高いタワーを作るという共通の目的を持ち、互いのアイデアを出し合い、トライ&エラーを繰り返す。そしてPDCAサイクルを意識して実践することにより、同じ研究室内で横のチームワークを磨くことができました。

 

なお、今回の記録は86センチでしたが、世界記録はなんと99センチです。

 

 

一覧へ戻る