工学部建築学科

2021.06.28

建築学科「キャリア入門」の授業で「建築業界で働くこと」をテーマに特別講義が行われました

6月17日(木)、24日(木)の2週に渡り、建築学科1年生の「キャリア入門」のオンライン授業で「建築業界で働くこと」をテーマに特別講義が行われました。
 
OECUイノベーションスクエア プロジェクトルームpicoにて
 
1週目の6月17日(木)は、株式会社フジタの大阪支店総務部 佐久間雛子氏と、大阪支店安全環境部 嶽山寛文氏をお迎えしました。
 
 
 
学生らは、事前に「社会人と学生の違い」「ゼネコン業界について」「施工管理の仕事とは」などの講義動画を視聴し、質問を用意。
Google Meet上で行われた講義では、講師の先生への質問に多くの手が上がり「建築業界を志したきっかけ」や「コミュニケーションで心がけていること」など、佐久間氏からは会社や業界の全体的な視点から、嶽山氏からは施工管理の視点からアドバイスをいただきました。
 
 
2週目の6月24日(木)には、枚方市役所の福田尚行氏(都市整備部 開発指導室 審査指導課)にお越しいただき、一般企業での建築設計士のご経験や公務員として町づくりに携わる現在の働き方を元に講義を行っていただきました。
 
 
「公務員として建築・町づくりに携わることとは」「枚方市にある見ておいた方が良い建築」「建築関係のさまざまな職種について」など、事前動画を見て感じたことや疑問に思ったことなどたくさんの質問があがり、一つ一つ丁寧に答えていただきました。
 
 

一覧へ戻る