情報通信工学部通信工学科

2021.07.13

通信工学科1年生のキャリア授業で発表を行いました

通信工学科では、2019年度から、学生に主体性を育てるために株式会社リアセックの「タクナル」というアクティブラーニングを導入し、8人の全教員が、タクナルのファシリテーター(講師)研修を受けて、授業を行っています。
タクナルは、ケースメソッドPBL(Project Based Learning)という「実際に起きた事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を討議し、学習者が答えを導き出す」教育・研修プログラムです。
 
▼前回までの授業の様子はこちら
 
今回のワークテーマは「おすすめのダイエット法を紹介する」。各グループ、食や運動などさまざまな観点からおすすめの方法を提案します。
 
 
前回と同じく、今回もBYOD(Bring Your Own Device)パソコンを活用して、Googleスライドでの共同作業で発表用スライドを作成しました。
Googleスライドを利用することで、一定の距離を保ちながらも、同じファイルを同時に編集することができます。また、グループワークを通してOAスキルの向上にもつながります。
 
学生たちは議論や役割分担にも慣れてきた様子で、調べた情報を元に意見交換を行い、発表用のスライドや台本作成など、チームで相談して準備を進めていました。
 
 
発表当日は、各チームが調べたさまざまなダイエット法についてプレゼン。
前回の発表での学びを活かして、各チームの発表やスライドは更に良いものとなっていました。
 
 
 
発表後には、各教室で担当教員指導のもと振り返りが行われました。
「どのような年齢層を想定したか」「どのように考えてその発表をしたのか」などを個人・チームで改めて考え、今後さまざまな発表の場面で役立つ学びが得られました。
 

一覧へ戻る