情報通信工学部通信工学科

2021.06.18

通信工学科1年生のキャリア授業で発表を行いました

通信工学科では、2019年度から、学生に主体性を育てるために株式会社リアセックの「タクナル」というアクティブラーニングを導入し、8人の全教員が、タクナルのファシリテーター(講師)研修を受けて、授業を行っています。
タクナルは、ケースメソッドPBL(Project Based Learning)という「実際に起きた事例を教材として、あらゆる事態に適した最善策を討議し、学習者が答えを導き出す」教育・研修プログラムです。
 
▼前回の授業の様子はこちら
 
今回のワークテーマは「文化祭の動物園」。各グループ、文化祭に移動動物園を招いて行う企画を提案します。
例年、グループで1枚の模造紙に集まり書き込む形をとっていましたが、今年はコロナ禍の感染防止対策も踏まえ、BYOD(Bring Your Own Device)パソコンを活用して、Googleスライドでの共同作業を導入しました。
 
 
 
Googleスライドを利用することで、一定の距離を保ちながらも、同じファイルを同時に編集することができます。また、グループワークを通してOAスキルの向上にもつながります。
学生らは、企画を考えるために自身のパソコンやスマートフォンを活用して調べものをしたり、自分たちの意見をまとめて読みやすいスライドを作成するなど、積極的にワークに参加していました。
 
 
 
その後、発表当日は各チーム個性的な企画を披露。少し緊張した様子もありながら、自分たちのアイデアを堂々と発表していました。また、発表後には質問や感想などの時間が設けられ、いい議論が生まれる場面も見られました。
 
 
 
学生同士の投票により、最も評価の高いチームには賞品が贈られました。
 
 
 
 
引き続き、通信工学科の特色である「タクナル」を用いたアクティブラーニングの様子をお伝えいたします。

一覧へ戻る